2016年11月20日日曜日

メモ12

卒業研究が軌道に乗るか否か、分水嶺に立たされているような気分を感じる。
今週の金曜日から実験を始めたので、来週の終わりには何らかの結果が出るだろう。
今回の結果が望ましいものであれば、来月から卒業論文の執筆にとりかかりたいと考えている。
これから一週間は気の抜けない日々を過ごすことになりそうだ。

来週の土曜日には僕に論文紹介の当番が回ってくる。
スライドは作り終えたが、配布資料作成、発表練習、質問対策はまだ十分でない。
重要な実験を遂行しながら論文をきちんと読み込めるかあまり自信がないが、やれるだけのことはやってみる気でいる。

0 件のコメント:

コメントを投稿